【エーペックス】まろんの感度設定・ボタン配置まとめ!愛用はPS4純正コントローラー【ワットソン】

この記事でわかること
  • まろん/Riddleのボタン配置・感度設定
  • その他の細かい設定も公開
  • マネして目指せプレデター!

>>>>NEXT:ニルのボタン配置

まろんの”すべての設定”大公開!

まろんさんといえば、PADプレイヤー、ソロスク、ワットソン、最強などなど...

まさに日本のPAD勢を代表するエーペックスプレイヤーです!

まろんさんがYouTubeに掲げている動画を見ると、どの動画でも無双!無双!無双!

3人制のカジュアルマッチに入っては、ひとりで何人も倒してしまう。

さらに爪痕やダブハンは毎回当然のように取っています^^;

いったいなぜそれほどまでに強いのでしょうか?

その秘密を探るべく、今回は「まろんさんの感度設定とボタン配置」を調べてきました。

特にまだゲームを始めたばかりの方や、設定に迷っている方は参考にしてみてください。

きっと上達も早くなりますよ(*^^*)

感度設定

コントローラー1
コントローラー2
詳細な視点操作1
詳細な視点操作2


感度設定は「詳細な視点操作」の項目で揃えています。

通常時の視点移動は速くデフォルトの約2倍ですが、エイム時の視点移動速度はデフォルトのままのようですね。

また、しゃがみは切替式でした。
意外と押し込み派も多いですが、どちらにせよ自身を持って頑張りましょう(^^)/

ちなみに、スコープごとの感度設定は変更しておらずデフォルトのままです。

重要設定まとめ
  • しゃがみ 切り替え
  • 振動 オフ
  • デッドゾーン 8%
  • 入力範囲の限界 1%
  • 反応曲線 6
  • スコープ感度設定 なし
  • 左右視点移動速度 280
  • 上下視点移動速度 240
  • 左右エイム時 110
  • 上下エイム時 75

意外とシンプルだからマネしやすいかも!

ボタン配置


デフォルトの設定から大きく違うボタン配置なので、マネしてみようかなと思っている方にとっては、少しハードルが高いかもしれません^^;

特に驚きなのが「戦術アビリティボタン」の位置!
まさかのタッチパッドに設定されていました!

この時点で癖の強さが見受けられます。

また、しゃがみとジャンプは左右のスティックに振り分けられているようです。
スティックは比較的押しやすいボタンなので、キャラコンの上達にも向いていますよ(*^^*)

最後にアクションボタンと言われるリロード、拾う、ドアを開けるなどの動作をするボタンがR2ボタンになっています。

コントローラー使いとしてはR2は最も押しやすいボタンなので、それだけまろんさんが重要視しているということになりますね。

初動の武器の取り合いやドア前の駆け引きを制すためにも、有効な手段かもしれません。


その他の設定

ゲームプレイ設定

ゲームプレイ1
ゲームプレイ2

ビデオ設定

ビデオ1
ビデオ2

オーディオ設定

まろん愛用コントローラー


まろんさんの愛用コントローラーは、PS4の純正コントローラー「デュアルショック4」です。

多くのPADプレイヤーに愛されているお馴染みの大人気コントローラーですね(*^^*)

元々まろんさんはプレステ4でプレイしていましたが、PCPADに移行した今でも使っているようなので、やはる使いやすさはPAD会の中でもTOPクラス!

手に馴染む形とサイズ感がたまりません(^^)

他のカスタムコントローラーと比べても値段が安いので、迷っている方や買い替えを悩んでいる方にはオススメ!

まとめ ニルの感度設定も公開


今回は「まろんさんの感度設定・ボタン配置・その他の設定」についてご紹介してきました。

あなたのプレイを上達させていく上で、参考になるものがあれば幸いです。

また、本記事はまろんさんが投稿している「【APEX】まろん”すべての設定”紹介 PCPAD」の動画にもとづいて作成しました。

まろんさん本人は喋らず字幕説明のある動画ですが、おまけでPC本体の音響設定も紹介されているので、気になる方はぜひご覧になってください(^^)/

ボタン配置や感度設定などの設定項目は、PADプレイヤーにとって最も重要な準備です。

そのためまずはうまいプレイヤーのマネをしてみて、少しずつ自分なりの要素を加えていくのがフィットする設定を見つける近道になりますよ(*^^*)

もちろん参考にするプレイヤーは多いに越したことはありません。

他の実況者やプロの設定も載せてある記事をご用意したので、よければ合わせて読んでみてください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP