最低勤務期間3か月以内とは?バイト応募時の注意点!【タウンワーク】



バイトをお探し中のみなさん、こんにちは。


近頃は、「タウンワーク」や「マイナビバイト」、「バイトル」など非常に多くのバイト探しアプリが普及しているため便利ですよね。

内容も時給から職場の雰囲気まで充実したものとなっています。


ただ、中にはよくわからない項目もありませんか?

特にこれです☟

最低勤務期間 3か月以内

最低3か月以内!?
じゃあ1か月でも1日でもいいの?


そこで今回は、多くのバイト志願者を悩ませる「最低勤務期間 〇か月以内」について解説していきますよ。

勘違いをなくすため、ぜひ読んでいってください(^^)/


どのくらい働ける?


最低勤務期間 3か月以内」

こんな説明文は、そこら中にあります。

ちなみにタウンワークのアプリでは、下の画像のように表示されます☟


日本語として少しおかしく思える「最低勤務期間 〇か月以内」ですが、実は

「3か月以上働ける人を募集しています!」

という意味なんです(^^)/

つまり、長期のバイトをお探しの方歓迎!と同じですね。

意味を履き違えて「3か月以内しか働けないのかな?」とあきらめてしまう方も多そうな説明文でした(;^ω^)

もう少しわかりやすくしてほしいですね。


絶対にやめられない?


3か月以上働いてくださいという意味だったのは理解できたと思います。

ですが、3か月は絶対にやめられないのでしょうか?

結論からいうと全然そんなことはありません。

もちろん3か月以上働いた方が望ましいですが、少しやってみて体に合わないと感じたり、向いていないと感じたりした場合は早めにバイト先に相談しましょう。

あらかじめ規定されていた期日よりも早くやめることに法的な罰則はありません。

しかし、働く際に署名する契約書の内容によっては多少罰金を科されるケースもあります。

万が一のために、契約時には確認をとるようにしましょう(/・ω・)/


まとめ


今回はバイトの応募要項によく書かれている「最低勤務期間」についての解説をしました。

よく理解したうえで、円滑にバイトを探しましょう(^^♪

また、バイトに必要なのは「礼儀」です。

面接の際はもちろん、もし辞めることになった時も気持ちよく終われるように努めましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またお会いしましょう(^^♪


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です