PSPlusの更新を徹底解説!自動更新の停止・解約方法を確認しよう

PSPlusは人気タイトルを追加料金無しでプレイできたり、割引価格で購入できるようになる定額サービスです。

PSPlusは加入したときに、有効期限が来たら自動で更新する設定になっています。

ですので、サービスを利用しなくなった後も自動更新をオフにしないと勝手に更新されてしまいます。

  • PSPlusの設定確認や変更する方法は?
  • PSplusの自動更新を停止する方法を知りたい

ここでは、PSPlusの自動更新についての基礎知識や、自動更新を解除する方法を紹介しています。

これさえ読めば、PSplusが勝手に更新されることを防げますよ!

【勝手に更新される?】PSPlusの自動更新についての基礎知識を紹介!

PSPlusは便利な定額サービスですが、購入後にサービスを利用しなくなり解約したい場合もあるのではないでしょうか?

ここでは、PSPlusの自動更新についての基礎知識を紹介しています。

PSPlusの仕様についてもまとめているので、ぜひチェックしておいてくださいね。

【14日間無料体験】PSPlusの無料体験に登録すると自動更新がオンになっている

PSPlusは、最短でも1ヶ月からの定額サービスですが、14日間の無料体験も利用できます。

ですので、一度試してみて、気に入ったらPSPlusの利用権を購入することが可能です。

この14日無料体験を購入するときは、クレジットカードの登録が必須になります。

そして、自動更新を停止していないときは、自動的に有料の1ヶ月利用権を購入してしまいます。

サービスを継続して利用するつもりがないときは、忘れず自動更新を切るようにしてくださいね。

AmazonからPSPlus利用権を購入しても自動更新される

PSPlus利用権はPSStoreで購入できますが、Amazonからも購入できます。

このときも、PSStoreで購入するときと同じようにクレジットカードの登録が必須です。

Amazonから購入したときも自動更新がオンになっているので注意しましょう。

補足
PSPlusの料金プランには1ヶ月利用権、3ヶ月利用権、12ヶ月利用権があります。ですが、Amazonからは3ヶ月利用権、12ヶ月利用権しか購入できません。

自動更新時にウォレット残高がないときは登録クレジットカードから自動チャージされる

PSPlusの更新時に、ウォレットの残高がないときは、更新に必要な金額分がクレジットカードから自動的にチャージされます。

ですので、「ウォレットに残高がないから自動更新を切る必要がない」と勘違いしていると無駄に料金を払ってしまうことがあります。

PSPlusに限らず、意図しない支払いを避けたい人はウォレットの自動チャージをオフにしておくのがおすすめです。

更新時に残高不足でクレジットカードも登録されていないときは強制的に解除される

PSPlusの更新時に、残高不足かつクレジットカードが登録されていない状態のときは強制的にPSPlusの契約が解除されます。

ただ、PSPlusの加入にはクレジットカードの登録が必要なので、基本的には気にしなくても大丈夫です。

ですが、Vプリカなどのネット専用のプリペイドカードを利用してPSPlusに加入した場合は注意が必要です。

自動更新したい人は、クレジットカードを改めて登録しておくようにしてくださいね。

補足
改めてVプリカなどのプリペイドカードを登録しておいても、自動更新することは可能です。[/asode]

自動更新までの期間が残っている状態でも利用期間の追加購入ができる

PSPlusの有効期限が残っている状態で、新たにPSPlus利用権を購入すると、その分利用期間が延長されます。

例えば、利用権が残り1ヶ月のとき、利用権12ヶ月プランを購入すると、PSPlusの利用期間は合計13ヶ月になります。

お得なキャンペーンも
PSPlusでは不定期で「12ヶ月利用権が25%オフ」「12ヶ月分の料金で12ヶ月+2ヶ月利用できる」などのお得なキャンペーンを実施しています。このときを狙って購入し続ければ、PSPlusをお得に利用し続けられるのでおすすめです。

【PSPlusの自動更新を停止する4つの方法】設定の確認方法や変更方法も紹介!

PSPlusを使わなくなった後も、自動更新を切っていないと料金を払い続けることになりかねません。

ここでは、PSPlusの自動更新を停止する方法を4つ紹介します。

それぞれ詳しくまとめているので、自分にあった方法を選んでくださいね。

1. PS4からで自動更新を解除する

PSPlusの加入手続きやアカウント管理はPS4からやることが多いと思います。

もちろんPS4から簡単に自動更新の解除ができるので、まずはPS4で試してみてくださいね。

  1. PS4のホーム画面から「設定」を選択する
  2. 「アカウント管理」を選択する
  3. 「アカウント情報」を選択する
  4. 「PlayStationの定額サービス」を選択する
  5. 加入中のサービス一覧の中から「PlayStation Plus」を選択する
  6. 「自動更新を無効にする」を選択する
  7. 確認画面で「はい」を選択する
  8. 退会理由を入力し「自動更新を無効にする」を選択する
  9. 「PlayStation Plusの自動更新が無効になりました」と表示されれば完了

このような手順でPS4からPSPlusの自動更新を停止できます。

自動更新を有効にしたいときは手順5の後「自動更新を有効にする」を選択すれば大丈夫です。

2. PC・スマホから自動更新を解除する

PS4などのゲーム機以外にも、PCやスマホからPSPlusの更新を解除できます。

また、PCに不慣れな人はスマホから解除するのがおすすめです。

  1. 「PlayStation store」にアクセスしログインする
  2. サイト右上のユーザー名をクリックし、「定額制サービス管理」を選択する
  3. 加入中のサービスの中の「PlayStation Plus」の「自動更新を無効にする」を選択する
  4. 自動更新を無効にするかのポップアップが出るので「確認」を選択し完了

このような手順でPC・スマホからPSPlusの自動更新を停止できます。

自動更新を有効にしたいときは手順2の後「PlayStation Plus」の「自動更新を有効にする」をクリックし「確認」を選択しましょう。

3. PSvitaから自動更新を解除する

PSvitaからもPSPlusの自動更新を停止できます。

更新停止の手順は以下の通りです。

  1. ホーム画面から「PlayStation store」を起動する
  2. 右下の「…」アイコンから「サービスリスト」を選択する
  3. サービス一覧から「PlayStation Plus」を選択する
  4. 加入中の「PlayStation Plus ○ヶ月利用権定期サービス」を選択
  5. 「自動更新を停止する」を選択して完了

これでPSvitaからPSPlusの更新を停止できます。

逆に自動更新を有効にしたいときは、手順4の後「自動更新を有効にする」を選択しましょう。

4. PS3から自動更新を解除する

PS3からもPSPlusの自動更新を停止することができます。

PS3のフリープレイはすでに終了してしまいましたが、まだPS3でPSPlusに加入している人もいるかもしれません。

PS3からPSPlusの自動更新を解除する手順は以下の通りです。

  1. ホーム画面の「PlayStation NetWork」から「アカウントの管理」を選択する
  2. 「購入管理」を選択する
  3. 「サービスリスト」を選択する
  4. サービス一覧から「PlayStation Plus」を選択する
  5. 「自動更新を停止する」を選択すれば完了

改めて自動更新を有効にしたいときは、手順3の後「自動更新を有効にする」を選択しましょう。

【PSplusと自動更新のQ&A】気になる疑問を解決しておこう

ここまでPSPlusの自動更新の基礎知識や停止方法についてまとめました。

最後に、PSPlusの自動更新についての疑問や質問をまとめています。

事前にチェックしておけば、後から不安になったり気になったりすることもなくなるので、ぜひチェックしておいてくださいね。

PSPlusの自動更新をオフにしても期限まではサービスを利用できる?

PSPlusは自動更新をオフにした後も期限までサービスを利用できます。また、サービス中であればいつでも自動更新をオンにすることが可能です。「/aside]

PSPlusの自動更新のとき1ヶ月利用権から12ヶ月利用権などの料金プランに変更できる?

PSPlusは自動更新の料金プランを変更できません。最初に1ヶ月利用権を購入した場合は、自動更新も1ヶ月分になります。ただし、期間中に追加で別の利用権を購入したときは、自動更新はその購入分になります。例えば、1カ月プラン中に12ヶ月プランを購入すると、次の自動更新は12ヶ月分になります。「/aside]

PSPlusの自動更新を切り忘れたとき返金はできるの?

PSPlusは自動更新した分の返金はできません。PSPlus他定期サービスは購入するとき自動更新の支払いに同意したことになるので、返金には応じてもらえません。また、PSPlusを初めて購入したときは購入から14日以内なら返金が可能です。「/aside]

PSPlusの自動更新を無効にしたときに「セーブデータ預かり」のセーブデータはどうなるの?

PSPlusの自動更新を無効にした後も利用期間内は「セーブデータ預かり」を継続して利用できます。また、PSPlus退会後はセーブデータにアクセスはできませんが退会後6ヶ月間はデータ保存しています。ですので、その期間内に再度PSPlusに加入すればそのセーブデータを利用できます。「/aside]

まとめ

PSPlusの自動更新の基礎知識や停止方法についてまとめました。

これで、PSPlusの自動更新の解除の仕方や設定の変更方法がわかったと思います!

最後にPSPlusの自動更新の4つのポイントをまとめました。

この記事のまとめ
  • PSPlusは購入したとき自動更新がオンになっている
  • 自動更新のときウォレット残高がなくても登録しているクレジットカードから自動チャージされる
  • 自動更新を切っても有効期限内はサービスを利用できる
  • 自動更新を停止する4つの方法から自分にあったものを選ぼう

PSPlusの自動更新はオフにしても特にデメリットはありません。

無駄に料金を払い続けることを避けるためにも、サービス加入後すぐに自動更新をオフにしておくのがおすすめです。

PSPlusの契約を解除したいときは、記事で紹介している4つの方法の中から自分にあったものを選んでくださいね!

この記事を書いた人

Rin


「我慢しない・無理ない節約、貯金」を目指すメディア「節約図鑑」を運営。Webライター3年の経験で身につけたSEOに強い記事作成が得意。Webサイト、Twitter、Instagramで日常に活かせる節約テクニック、商品・サービスのお得な使い方などを発信中!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です