【ネタバレ】映画「パラサイト 半地下の家族」の内容を5分で解説!あらすじを振り返ろう!


映画「パラサイト 半地下の家族」が気になっている方、またすでに見てきたという方、こんにちは(^^)/

今回の記事では「パラサイト」の内容を手軽に解説いたします。

「映画館に行く前にどんな話か知っておきたい。」

「一度見てきたけどどんな話だったか思い出したい。」

「知り合いにパラサイトを勧めたいけど説明が難しい。」



そんな方々にぴったりの記事になっていると思いますので、ぜひ読んでいってください。

ただ、この記事には【ネタバレ】を含みますので、未視聴の方はご注意ください<(_ _)>

それではさっそく見ていきましょう(^^♪


あらすじ

全員失業中で、その日暮らしの生活を送る貧しいキム一家。長男ギウは、ひょんなことからIT企業のCEOである超裕福なパク氏の家へ、家庭教師の面接を受けに行くことになる。そして、兄に続き、妹のギジョンも豪邸に足を踏み入れるが…この相反する2つの家族の出会いは、誰も観たことのない想像を超える悲喜劇へと猛烈に加速していく――。

https://filmarks.com/movies/83796


ジャンルとしては「社会風刺」とでもいうべきでしょうか。

貧乏な家族による成功ストーリーかと思いきや、中盤からはかなりゾワッとする展開が盛り込まれています。

世間の格差社会をメインに持ってきた映画ですが、単にそれだけではなく非常に考察のしがいがある映画となっています。

見ごたえはバツグンです。

興味の湧いた方はここで本編を見に行くのをオススメします。

ここからはネタバレを含みますのでご注意ください!


ネタバレ


半地下に住む貧乏な4人家族「キム家」の物語。

父のギテク、母のチュンスク、長男のギウ、長女ギジョンは全員が無職で日々内職に励む生活を送っていた。

とにかくお金がなく、Wi-Fiも近くのカフェの電波を必死で探す。

そんなある日、長男ギウの親友が訪ねて来た。

話によると「金持ちの家で家庭教師をやらないか?」とギウをスカウトしに来たらしい。


過去に4度も受験をしたことのあるギウは、誘いを承諾。

こうしてギウは金持ち一家「パク家」の家庭教師の仕事を得たのだった。

パク家は自分の家族とは正反対の豪邸に住む、父ドンイク、母ヨンギョ、長女ダヘ、長男ダソンの4人家族である。

初出勤をするギウだったが、その仕事ぶりが評価されパク家に気に入られる。

家庭教師の仕事を終え、帰ろうとすると母ヨンギョに「ダソンに美術の家庭教師をつけたい」と相談された。


そこでギウはひらめく。

自分の妹であるギジョンを知り合いの美術大生と偽り紹介してしまおう!と...

後日、ギジョンは無事に美術の先生としてパク家で働けるようになった。

その後、あの手この手で策略を練り、専属運転手を追い出して父ギテクを、長年働いていた家政婦を追い出して母チュンスクをパク家で働かせることに成功した。

ただし、もちろん4人が家族であることは秘密である。

順風満帆にも思えるストーリーだが、ここで転機が訪れる。

パク家は長男ダソンの誕生日会をするためにキャンプへ出かけた。

どうやら外で宿泊してくるらしい。

その間、パク家の豪邸はもぬけの殻であるためキム家の4人は豪邸を使って自由に過ごしていた。


その時だった...

インターホンが家に鳴り響く。

恐る恐る確かめてみると、どうやら以前まで働いていた家政婦のようであった。

「地下に忘れ物をしてしまった」

そう言って地下へ降りていく家政婦。

あとからチュンスクもついていくと、そこには更なる地下へと続く隠し通路があったのだ。

これには陰で見ていた3人も含め全員が驚きを隠せなかった。

隠し通路を進んでいくと、そこには男が一人住んでいた。

どうやら元家政婦の夫らしい。

キム一家が訳が分からず混乱していると、そこにパク一家が帰宅!

突然の雨でキャンプができなくなり半ばで引き返したとのこと。


キム一家は大慌てで部屋を片付け、家政婦夫婦を秘密の地下室に押し込んで逃げ出した。

(家政婦であるチュンスク以外は家にいてはおかしいため。)

外は大雨で、自宅である半地下の家は水没していた。

仕方なく体育館(避難所)で一夜を明かすこととなったのであった。

翌日、パク家で仕切り直しの誕生日パーティーをやることになり、キム一家もそれぞれ招待された。


もちろん全員出席はしたが、頭の中には昨晩地下に押し込んだ家政婦夫婦のことしかなかった。

とうとう居ても立ってもいられなくなったギウが、こっそりと地下へ降りていった。

秘密の地下室についたギウは元家政婦の死体を発見!

無理やり押し込んだ時に、頭を打っていたらしい。

ギウが動揺を隠せないでいると、いきなり後ろから元家政婦の夫が襲い掛かってきた。

夫は怒りのままに攻撃してくる。

そのままギウを倒して、外へ出てきてしまった。

家政婦の夫は庭のパーティー会場にキム一家がいるのを発見する。

台所で包丁を手にし、庭へ出ていった。

男はケーキを運んでいたギジョンの心臓を一刺しした。


パーティー会場は大混乱である。

男はチュンスクのことも刺そうとするが、チュンスクはなんとか抵抗して撃退。

その間、ギテクは何もできずにただ立っていた。

ギジョンの出血が止まらない。

救急車を待つ時間もないため、パク家の主ドンイクはギテクに運転するよう叫ぶ。

しかし、ギテクは放心状態。

仕方なく、車のキーを投げ渡すように言うドンイク。

ギテクはキーを投げたが、投げた場所にちょうど家政婦の夫の死体が覆いかぶさってしまった。

ドンイクは死体をどかそうとしたが、あまりの醜さに鼻をつまむ。

それを見たギテクは、死んだ家政婦の夫と自分を重ね合わせ、悔しさを爆発させる。

気づくと、ギテクはドンイクを刺していた...。

~数か月後~

しばらくして長男ギウは意識を取り戻した。

同じ病院に母チュンスクも入院したそうだ。

あの事件の後、ギテクは失踪、ギジョンは死亡したとのことだった。

ギウとチュンスクは貧しいながらも以前の暮らしを取り戻すのであった。


まとめ


映画「パラサイト」の内容を簡単にまとめてみました。

大体のストーリーはこの記事の通りなのですが、これでも本編の3割くらいの感覚です。

すでに視聴した方ならわかると思いますが、かなりざっくりカットしてお伝えした場面も多いですので、気になった方はぜひ本編を見に行ってみてください(^^)/

また、「ネタバレ」で書いたラストは本編ではもう少し深く掘り下げられています。

父ギテクの行方も判明するので、ぜひ見てみてくだいね(^^♪

それでは、またお会いしましょう!


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です